読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : 頭部および頸部への直接的な打撃あるいは強い衝撃を与える技をいつまで許すのだろう? ~本間選手の頚髄損傷事故から想うこと~

プロレス!

最初に、本間選手の順調なご回復を心中より祈念いたしております。

神のご加護があらんことを・・・

 

さてさて。。。

 

タイトルにも書いた、この話題、このブログでも何度か取り上げたコトがあるんですが、今回の事故、現在の日本プロレス・マット界での過激な攻防が求められている現状を考えると、まさに起こるべきくして起きたって感じですよね。

 

本間選手の得意技「コケシ」のような頭部および頸部への強い衝撃を伴う技を笑って観てきた私自身への自戒を込めて申し上げれば、日本のマット中に蔓延している、いわゆる「四天王プロレス」系の攻防は、もう許してはイケナイのかもしれません。

 

現状のような「危険技」の応酬・攻防は、レスラーの自業自得だと笑って済むような次元を超えているようにすら思えます。

 

むしろ、新日本プロレスが本当に上場会社としての体勢(注:「体制」ではありませんよ。)を整えたいのなら、この問題を避けて通ることはできないと思いますぞ。

 

死亡事故はもとより、高度の後遺障害を伴う事故が発生しても、

「レスラーの自業自得です」

と済ませるような組織が、公器としての機能を有する上場会社として相応しくないのは当然でしょう。

 

(っていうか、本間選手。。。

 今回の事故に伴う治療費やリハビリ費用の補償、

 休業中の所得補償すらも無いのかしら・・・)

 

今回の事故では、幸いにも最悪の事故は避けるコトができた模様ですが、頚髄損傷は後遺症を伴うコトが多く、現時点で楽観視することなどできようはずがありません。

 

軽度の麻痺であっても、文字を書くことが困難になったり、歩行が不安定になりがちで転倒することが多くなる(つまり、歩行には杖が必要になる)といった症状が現れることがあるのですから。

(軽度の麻痺でも、日常生活に重大な影響を与えることを忘れないでくださいね。)

 

「中西選手やブシ選手のときも大丈夫だったもん!」

そんなコト、抗弁材料にすらなり得ません。

 

どうせ。。。

 

日本のマット界では、レスラーの身体的・精神的安全を図ることより、集客の方が遥かに大切なのでしょうし、私如き者が何を言おうが何も変わりはしないのでしょうが・・・

特に不慮の事故や高度の後遺症を伴う事故に繋がり易いと考えられる、頭部や頸部への直接的な攻撃は、WWEのように、団体として強制力をもって規制すべきではないのかしら・・・

 

危惧するのは。。。

 

集客のため、コレからも(あるいは、より一層)「危険技」の応酬が日常的に繰り返される傾向が強まること。

そんなの、もうエンタメでも何でもないコトに気付いて欲しいなぁ~

今日の「ターザン山本!」さんのお言葉

 

 

 

 

・・・えっ!? 

 

 

今宵の音楽は・・・Brian Eno H.Budd The Plateaux of Mirror First Light

 

 

 

お休みなさい・・・

良い夢を・・・

 

新日本プロレス : ROH合同興行(後楽園ホール大会)観戦記・・・っぽい愚痴 ~ケニーさん、お帰りなさい!! ヒロムさん、魅力的過ぎる!! で・・・棚橋さんの劣化が止まんなぁあ~い!!~

プロレス!


えっと。。。

 

新日本プロレスが業務提携している米国ROHとの合同興行。

純粋に興行としてみれば、十分に面白い(観戦料分の価値はあった)と感じましたぞ。

 

契約問題で新日ファンをヤキモキさせた(笑)ケニーさんもメデタクご帰還せられ、今日、ホールに足を運んだ方の多く・・・というよりホトンドの方が御満足されたものと存じます。

新日ファン待望のご登場シーンはコチラでござる。

 

 

しかも、ケニーさんが久々に登場するというコトから、彼の母国カナダでは、こんな現象も!

 

 

ケニーさんご登場のインパクト、スゴイッ!!

みんなケニーさん、大好きなんですねぇ~

  (o^―^o)ニコ

 

一方。。。

 

 タッグ・パートナーのアダム・コールさん。

ケニーさんのホーム・リングである新日でも存在感は十分。

 

 

この動画にある場面だけでなく、本日のメインイベントの「闘い」をホトンド全部、ケニーさん独りが担っていたんですが・・・コレって、逆にスゴクないですか!?

こういう構図が成立するのって、アダム・コールさんだからデキルことだと思いまするぅ~

 

だって・・・存在感が無いと、こういう構図、成立しないんですもの。

コールさん、日本では知名度・・・ありませんけど・・・

  (´・ω・`)ショボーン

 

そして、最後は、ケニーさんの決め台詞で締めっ!!

もちろん、会場みんなで一緒に叫ぶっ!!

 

 

メインイベントだけでも後楽園ホールの興業としては十分だったと思いますが、元WWEで現在はフリーを貫くコーディさんも、レスラーとしての魅力は十分。

柴田さんともスイングしておりましたぞ。

 

 

一方、柴田さんと申さば、アザゼルにとってゴシップ・ネタを提供していただける有り難い存在。

・・・じゃなかった

  (;^_^A

 

柴田さんは、先日の鈴木さんとの闘いのときと同様、相手がどのような人間あろうとも、必ず一定レベルの試合に仕立て上げることができるんです。

だから、安心して試合を観ていられるんですよねぇ~

 

 

そして。。。

 

 

ロスインゴ入り後のヒロムさん、ご周知のとおり、人気街道を驀進中でござる。

彼もまた、非常に面白い試合を作り上げてくれるので、安心して観戦できるんです・・・

 

できるんですが・・・

気掛かりなのは、全く出し惜しみをするコトなくガンガン試合を進めるのは良いのですが、全てにおいて危険過ぎる気がしますぞ。

 

危険な技、出し過ぎ!!

相手の技、受け過ぎ!!

 

このままでは、彼は選手生命は自ら短くしているようなもの・・・

それどころか、片山さんのような事故に繋がるのではないかとすら思えてくるんです。

 

でも。。。

 

田口さんとの駆け引きは、魅力が溢れ過ぎで、そういう懸念もドコへやら

  (〃艸〃)ムフッ

 

 

・・・で、田口さんは、いつものどおり「変態」ぶりを発揮。

  (* ´艸`)クスクス

 

 

しかぁ~し。。。

 

アザゼルは・・・

アザゼルは・・・

マジで凹みっぱなし・・・

 

というのも、原因は・・・コレでござる。

 

 

・・・

 

・・・・・・

 

・・・・・・・・・・

 

・・・最初、クジャクボーイズが誰なのか、分からなかったんです。

・・・リングに上がった姿をみたら・・・

 

観たくなかったぁぁぁあああ!!

コレは観たくなかったぁぁぁあああ!!

マジで絶対に観たくなかったぁぁぁあああ!!

 

棚橋さん、貴方・・・

いつからキャラクター・レスラーに零落れちゃったの???

 

  (´;ω;`)ウッ…

  (´;ω;`)ウゥゥ

 

挙句に・・・コレですよ・・・

 

 

  (ノ◇≦。) ビェーン!!

  ビェ──・゚・(。>д<。)・゚・──ン!!

 

試合中、コレは観ても良いモノなのかどうか、自分のアタマの中で整理できないママ・・・

試合・・・終わっちゃった・・・

 

な、なにが

『振り切っている』

よ、フザケルのも大概にしなさいよねっ!!

 

棚橋さんの劣化が・・・

アザゼルが大好きだったはずのタナさまの劣化が・・・

『光の速さで止まんねぇぇぇえええ』

(かつての棚橋さん風に)

 

40歳になったら、

「進化」が「劣化」に変わっちゃった・・・

   (´・ω・`)ショボーン

今日の気分。。。

DmochowskiGallery.net - galeria - Sala 15. Fotomontaże komputerowe. Lata 90-te -