読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

映画「ノー・マンズ・ランド」を観る ~低予算でもアイデアさえ冴えていれば、素晴らしいシャシンに仕上がるという好例~

ノー・マンズ・ランド HDマスターDVD

 

このシャシン、観るのは2回目だと思うのですが、低予算映画であることが、すぐに分かるぐらいにチープな作り。

でも・・・アイデアさえ冴えていれば、十分に満足できる映画になり得るということを教えてくれんです。

 

ただ。。。

 

あらかじめ申し上げておきますが、この作品、「 HDマスターDVD 」版でも800円ぐらいしかしません。

それなのに・・・アザゼルは、行きつけの古書店で1,000円(しかも消費税別)で購入してしまうという体たらく・・・

 (´・ω・`)ショボーン

 

さてさて。。。

 

アザゼルが、このシャシンが好きな理由は、

 救いが無いから

日本映画によるある感じの甘ったるさだとか、安っぽいヒューマニズムに毒されていない点がイイの。

 

現実の世界って、素晴らしいモノなんかじゃない。

それでも、救いを求めたいという感情、信じていたいという心情を、ヒトはどこかに持ち合わせているものだと思うんです。

 

ところが、このシャシンときたら、そんなモノ、所詮は虚しさでしかないって、容赦なく吹き飛ばしてくれちゃう。

『「戦争」に救いなんかあるわけねぇーだろっ!!』

ってね。

 

考えてみれば、不条理の極北の一つが、見ず知らずの人間を何十人、何百人と殺せば国家の英雄として称賛される「戦争」であるはず。

いくら言葉を飾ろうとも、「ヒトがヒトを殺す」という事実は何一つとして変わりはしません。

 

「救いの無い世界」

 

あるいは、戦争など無くとも、現実の世界には「救い」など、何処にも有りはしないのかもしれません。

虚心坦懐にこの世界を見渡したとき、「救い」を見出す困難さに直面しちゃうもの。

 

おっと。。。

 

またまたドーでもイイようなコトを書いちゃったわけなんですが・・・

日本映画でも、「超」の付くぐらいの低予算で、わずか2週間で撮り終えたという

 「サイタマノラッパー」

というシャシンがあるので、決して日本映画はクダラナイなどと申し上げたいわけではないことも付言しておきますぞ。

 

SR サイタマノラッパー

 

こちらのシャシンも、かなぁ~り「救い」の無い世界観が好き。

ラスト10分の展開は、北野武監督の「キッズ・リターンズ」が

 「俺たち、もう終わっちゃったのかな?」

 「馬鹿野郎、まだ始まっちゃいねぇよ。」

という最後のセリフに「救い」を見出せたのとは対照的に、「現実」の余りにも厳し過ぎるほろ苦さを観客に嚙み締めさせるラップでのやり取りがイイんです。

 

このシャシン、観ていると・・・

イタイんです、ホントに。

だって、自分を見せつけられているみたいなんだもの・・・

 

・・・

 

アザゼルは「メメント」で、アイデア勝負を余儀なくされる低予算映画の魅力に目覚めたんですが・・・

世の中にシャシンが溢れすぎて、死ぬまでに観ずに終わるスゴイ作品がゴマンとあると思うと残念でならないんです。

新日本プロレス : 4.9両国大会のメインで、柴田さんがオカダさんのIWGPヘビーのベルトに挑むんですが・・・ ~この試合の主役は対戦する両者ではなく、殿(後藤さん)だと思うんです~

プロレス!

えっと。。。

 

 

現在の新日本の観客動員力をもってすれば、数年前からの因縁もあるIWGP戦ということもあり、両国国技館という大箱も軽く

 完売御礼

となることは容易に想定できるでしょう。

 

ちなみに、先日、DDTさいたまスーパーアリーナのメイン会場で開催した

 「Judgement2017~DDT旗揚げ20周年記念大会~」

では、1万人を軽く超える動員数が公表されていましたから、東京でのプロレス興行の動員力って、他の地域を遥かに凌駕している・・・って感じですよね。

 

(補足)

DDTが公表する観客数は、水増しされているという指摘もあります。

公表された『10,702人(超満員)』という数字が本当なのかどうか、アザゼルには分かりません。

 

さてさて。。。

 

新日本は、自らの主催形式による米国でのG1特別興業を開催する関係から、遅くともG1直前にはケニーさんにIWGPヘビーを戴冠させておく必要があります。

 

一方、ケニーさんがオカダさんから直接ベルトを奪取するという絵図は、レスリング・オブザーバーが5点満点で「6点」を付けるという、あり得ないほどの大盛り上がりを見せた今年の東京ドームのメインでの

 借りを返してしまう

こととなってしまいます。

 

 

興業の常道から、そのような組合せは

 来年の東京ドームのメインまで持ち越し

にするのは当然でしょう。

つまり、G1の前には、新日本の至宝であるIWGPヘビーのベルトは、オカダさん以外の選手が腰に巻いている状況を作り出さなければならない・・・

 

http://enuhito.com/wp-content/uploads/2015/05/iwgp.jpg

 

というわけで。。。

 

アザゼルは、数年前の因縁を今に引きずる

 「執念の漢」

柴田勝頼さんが、

 「IWGP初戴冠」

と読んでいるのでございまするぅ~

 

・・・アザゼルの予想は当たらないですけど・・・

 (´・ω・`)ショボーン 

 

ただ。。。

 

左肩の状態がボロボロで、とても万全とはいえない体調の柴田さんが、フツーにやってオカダさんからピンしちゃうと、

 「オカダ弱ぇ~(笑)」

となってっしまうので、そうならないような何かしらのトッピングが必要ですよね。

 

お忘れですか?

新日本プロレスには、

「何をやってもゆるされてしまう」

真の意味での最終兵器があることを

 

そう・・・

そうです・・・

そうなんです・・・

 

私たちプオタは、決して忘れてはいけません。

いざとなったら白塗りで満場からの失笑すらも辞さない

そんな・・・

「自爆芸」を自身のレゾンデートルにまで昇華せしめた

殿(後藤さん)が後ろに控えているいらっしゃることを

 

http://835.jp/wp/wp-content/uploads/2016/02/29a75cae.jpg

 

試合当日、もし後藤さんがメインで登場するとすれば、想定されるケースは次の3つ。

 

【ケース1】

試合当初から柴田さんのセコンドとして登場

 

【ケース2】

試合当初はオカダさんのセコンドとして登場するも、中盤から、何故かニュートラルコーナーに陣取り、誰の応援もしない

 

【ケース3】

試合当初は登場せず、試合中盤以降に突然登場

 

ケース1の場合、登場時点で所属するケイオスを裏切っているので、試合に乱入する意図がミエミエ・・・

というわけで却下。

 

ケース2の場合、主役である両者よりも目立っちゃうんですが、殿ならば・・・許されるでしょう。

 

ケース3の場合、試合に乱入してブチ壊すという

 殿らしかあらぬ「テロ行為」

であり、違和感アリ過ぎでアウト!

 

というわけで、あるとすれば【ケース2】と予想。

 

で。。。

 

試合自体は、オカダさんがまさに横綱相撲っぷりを発揮して、柴田さんを圧倒。

20分を経過し、柴田さんをシトメに行ったその刹那!!

 

自らロープに跳んだオカダさんを背後から、ラリアート一閃!

倒れ込む岡田さんにもう一度ラリアート

 

さらに頸部を絞めて、オカダさんを半失神状態に

http://aozora-band.com/images/2016/02/0211/NJ0211_Match09_04.jpg

 

その後、蘇生した柴田さんが必殺のPKでオカダさんからピン。

 

・・・コレなら、オカダさんは、裏切りというかテロ行為のために敗れただけで、自身の名前に傷が付くおそれもなし・・・

 

どうかしら???

 

今頃は、テレビ朝日からも乱入(裏切り)を説得されていたりして(笑)

https://pbs.twimg.com/media/CW4sw5fUAAAMJWQ.jpg

「後藤さん、よろしくお願いしますよ」

「えぇ~、裏切った上に絞め落とすの? オカダくんを???」

「もう後藤さんにお願いする他はないんです。

 新日本のためだと思って・・・何とか、お願いします。」

「・・・新日本のため・・・ですか・・・」

 

ヒトの頼みを断れない殿は、テレビの都合で、哀れ「テロリスト」に・・・

 

そして。。。会社のために、止む無く「テロリスト」にまで演じたのに・・・

盟友の柴田さんからは・・・

 

http://s.boku-pro.com/puroresu/Topic/20161230/Topic_5865f29e360a3.jpg

 

「フザケンナー

 オマエ、何やったのか、分かってんのか!」

 

 

殿「エ・・・???」

 

 

インタビューでも落ち込みまくって・・・

 

https://2.bp.blogspot.com/-uICrB-SlUmk/Vu9K8InJcEI/AAAAAAAAlqk/SUIRSk079qc7clf6IwpCHBHl38ShPvDUg/s1600/20160324njpw5.JPG

 

殿のココロの叫び

『会社のためだと思って・・・

 やらされただけなのに・・・

 ・・・だってテレビ朝日も・・・』

 

 

こうなったら。。。

 

 

もう一度、「滝修行」するしかございません。

http://enuhito.com/wp-content/uploads/2016/06/gototaki.jpg

 

 

 

でも。。。

 

 

ホントに試合に乱入して、オカダさんを裏切って「テロリスト」になるんなら・・・

アザゼルは、殿にずっと付いていきます。

新日本プロレス : ニュー・ジャパン・カップ(NJC)の優勝者は、柴田さん! ~予定調和のまんまだけど、コレはもう仕方のない結果に~

プロレス!

 

www.njpw.co.jp

 

結局、柴田さんの優勝で幕を閉じたNJC。

ある意味で順当な結果。

 

柴田さんのIWGP挑戦なら、今の新日本の観客動員力をもってすれば、どこの大箱会場でも超満員は確実だと、あらかじめ読めますものね。

柴田さんはイロイロあったけれど、これで禊(みそぎ)は完遂されたってことなのでしょう。

 

というか、今回は決勝戦が始まる前から読めていた方が大半だったでしょうし、仮に何の予想をされていらっしゃらない方でも、最初の数分間で結果が読めたでしょう。

アレだけファレさんが「無法」に暴れれば、結果は読めちゃいますもの。

 

ただ。。。

 

最近の柴田さんの試合構成って、いわゆる「我慢大会」の様相を呈している、というか、張り手だとか、肘打ちだとか、そんな応酬が続くので・・・

ブッチャケ食傷気味なんです。

 

レスラーって凄いっ!ということは十分に伝わるのですが、何て申しましょうか・・・

サイコロジーを駆使して、観客を己の掌の上で踊らせるかのような技巧を感じさせてくれないので・・・

あんまり好きではないんです。

 

もとより、こんなモノは、アザゼルの独り善がりの意見でしかなく、あるいは、偏見なのかもしれません。

それでも、またマンネリ気味の攻防を・・・観たいとは・・・

 

まぁ・・・世界最高レベルの偉大なギタリストたちだって、ソロ・パートでは

「また、それぇ~!?」

てな感じで、マンネリを超えたレベルにまで昇華させているわけですから、エンタメの世界では

「黙って観とけ!!」

というべきなのかもしれませんね。

 

で。。。

 

「田口ジャパン」

相も変わらず面白かったです。

 

でも・・・ね

棚橋さん・・・が

・・・ドンドン劣化していく様を観るのは・・・

正直、スッゴク辛いんです。

 

このまま、世代交代の波の中に埋もれてしまうのでしょうか・・・

少し前までは、新日本の不動のメイン・イベンターとして輝いていた方が・・・

あんなプロレスでお茶を濁す日々・・・

 

寂しいです

詫びしいです

切ないです

 

それでも。。。

 

きっと棚橋さんは復活してくれるんだと信じております。

悪逆非道のヒールに転向し、田口ジャパンを裏切ったうえで、

「ブラック・ニュージャパン」

の総帥として・・・

 

※昭和プロレスの時代に「ブラック・ニュージャパン」だとか、

 「狼軍団」だとかが暗躍したそうなのですが、アザゼルは、

 どのようなユニットなのか知らず、再結成してくれないかしら?

 と心待ちにいたしているのでございまするぅ~

 

もっとも。。。

 

50歳に近い第三世代の方々も、マットの上ではいつものプロレスの繰り返し。

このまま棚橋さんが朽ちていく可能性も・・・高いのかもしれません・・・

 

(´・ω・`)ショボーン

 

 

昭和プロレス : あのお二人が合体した模様 ~熱かった、熱過ぎた「昭和」という時代を駆け抜けたプロレス者2人~

プロレス!

昭和プロレス・ファンの間ではバイブルとも、伝説ともされた

 『昭和プロレス』の元編集長さん

 『プロレスファン列伝』の漫画家さん

のお2人。

 

アザゼルは、『プロレスファン列伝』を拝読したことはございませんが、昭和プロレスのプオタの魂を熱くさせたコトだけは存じております。

それにしましても、なんという顔面でのパフォーマンス・・・

素晴らしい!

 

「昭和」という時代の駆け抜けた2人だからこそ、こういう構図が成立するのでございましょう。

昭和プロレス・・・未だ健在・・・ってことですねぇ~

 

 

映画「冬のライオン」(主演:ピーター・オトゥール)を観る ~舞台劇の映画化としては出色の出来。ヘンリー2世の波乱の人生を堪能~

えっと。。。

 

冬のライオン [Blu-ray]

 

これまたアザゼルが生まれる遥か昔の作品。

実は・・・アザゼルは時代劇が大好き!なんです。

 

ちなみに、日本映画でも時代劇が大好き。

黒沢作品はもとより、何でもござれ(笑)

 

故・市川雷蔵さんの作品なら、現在DVDあるいはBDが販売されているものなら、おそらく全部拝見したはず。

殺陣(タテ)の上手さでは勝新太郎さんには到底及びませんが、あの凛としたお姿は・・・サイコーでござるぅ~

 

さてさて。。。

 

英国王・・・というよりプランタジネット朝アンジュー帝国)の創始者というべきヘンリー2世を主人公とした舞台劇が大当たりしたことから、それを映画化したのが、今回取り上げた作品。

出演者が凄くて、

 ヘンリー 2世   ピーター・オトゥールさん
 王妃エレノア    キャサリン・ヘプバーンさん
 リチャード 1世  アンソニー・ホプキンスさん
 フィリップ2世  ティモシー・ダルトンさん

 

いうまでもなく、出演者の演技・・・素晴らしい!!

ストーリーの精緻さ、シャシンの美しさ、編集の巧みさといった面において、ブロードウェイの舞台劇を映画化したことを念頭の置いて鑑賞しちゃうと、欠点らしい欠点がドコにも無い、という出色の出来。

 

キャサリーン・ヘップバーンさんの演技は、どちらかというと正当な舞台演劇というより純映画的な気がするのですが、むしろ、それによって舞台演劇っぽさを効果的に薄める作用が働いた結果、退屈させない映画として成立させ得たと思うんです。

 

そして。。。

 

このシャシンを観れば、精緻なストーリーと巧みな編集があれば、戦闘シーンなど一つも登場させずとも、観客にカタルシスを与えることは十分すぎるほどに可能であることを体感できると思います。

闇の部分が深すぎる人間の業が絡み合い、生き残りたくば誰一人として信じてはならない、そんな権謀術数が渦巻く王位を巡る闘争の凄まじさは、観る者を決して飽きさせるようなことはございませんもの。

 

ただ。。。

 

アザゼルは舞台演劇が好きなので、英国王朝に関して、ごく初歩的ではあるけれど、多少の知識は持っていたので、この作品の世界にスッとは入れたんです。

(日本であっても、舞台演劇にご興味をお持ちなら、旧約聖書と英国王朝に関する基礎知識は必須です。マジです。)

もしプランタジネット朝創生期の知識をお持ちでないと、まったく楽しめないおそれがあるので、その点はご注意くだされぇ~

 

最後に。。。

 

最近、面白い舞台が無いんだよなぁ~とお嘆きなら、舞台を映画化したもので、取り急ぎ喉の渇きを癒すのはいかがでございましょう。

「コレはダメでしょぉぉぉおおお!!」

と観劇中にココロの中で思わず叫んでしまいたくなる舞台を選んでしまったときの

言葉にし難い敗北感

は・・・辛すぎますもの。

(´・ω・`)ショボーン

 

・・・そういう舞台に限って、結構なチケット代・・・したりするんです・・・