xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

「プロレス」および「格闘技」関連の記事は、コチラからご覧くださいませ。 ~カテゴリー選択「プロレス!」~

 

雑感 : 外国人地方参政権の付与があり得ない状況になったことを、素直に喜びたいと思います

逐一取り上げたりは致しませんが、外国人地方参政権に反対する者を

 

レイシスト

 

と罵倒し続ける、自称リベラリストたちの言動には腹をすえかねておりました。

 

 

今回の選挙結果を受け、外国人地方参政権について、国会でまともに取り上げられる可能性が皆無になったことを素直に喜びたいと思います。

 

 

アザゼルが最も恐れていたことは、改憲でも、原発でも、安保法制でも、森友・加計問題でもなく、外国人に地方参政権を付与する愚行を国会が犯すこと。

今回の選挙結果を受けて、そのおそれが大きく後退したことにホッと胸をなでおろす心持ちです。

 

 

コレで憲法改正が具体的に視野に入ったことは、おそらく間違いないでしょう。

原発も再稼働に向けての動きを活発化させることでしょう。

森友・加計問題も闇に葬られる可能性も否定できないでしょう。

 

 

自民党が素晴らしい政党だなんて思いません。

野党がそれを遥かに凌ぐダメダメぶりで、相対的に自民党を支持する他は無くなっているだけのこと。

 

 

それでもなお、外国人地方参政権の問題を

 

脳内お花畑

 

で推進しようとした旧民主党政権(特に鳩山時代)への恐怖に近い嫌悪感から解放してくれたことには感謝しています.

 

 

そして何より、日本国民が愚かではないことを示すことができたことを誇りにしたいと思います。

衆議院選挙 : 自民党、単独で絶対安定多数を確保 与党で圧倒的多数を突破 野党では立憲民主党が国会第二党に大躍進の勢い

 

与党だけで憲法改正の発議も可能な「圧倒的多数」(衆議院の全議席の3分の2以上)すら突破しました。

 

特に、自民党は、国会法第50条の規定に基づき、全ての常任委員会において委員の過半数を確保し、かつ各委員会で委員長を独占できるだけの「絶対安定多数」(必要議席数261)を優に超える議席数を確保する

 

まさに圧勝!!

 

巨大台風の到来により、投票率が全く伸びず、特に支持政党の無い浮動票層が投票にこない状況も大きく寄与したものと思料。

 

 

今回の選挙では、消費税の増税を訴えた政党が圧倒的に勝利するという

 

稀有な例

 

であるものの、プライマリーバランスを考慮した内容には全くなっておらず、国家財政の好転には寄与するものではありません。

言い換えれば、日本の全政党から「良識が無くなった」可能性が否定できない結果となったことが気掛かり。

 

 

また、公明党議席が伸びず、今後の政局での同党の発言力は自ずと限定的にならざるを得ないことから、本当に

 

憲法改正の発議が射程内に入った

 

と言っても過言ではない状況へと移行したのかもしれません。

 

 

なお、今回の選挙の結果、与党は、参議院で否決された場合の衆議院での法案再可決に必要な議席数も確保したこととなり、

 

安倍政権は盤石

 

ともいえる強固な権力基盤を手に入れたことを意味することは、記憶しておいて良いでしょうね。

 

 

 

一方。。。

 

 

 

野党では、立憲民主党が文字どおりの大躍進を遂げ、衆議院で第2党を占める勢い。

最初から最後までブレブレだった希望の党への期待が急激にしぼんだ分、その受け皿としても期待が高まったのは、皮肉と言えば余りにも皮肉。

 

ただ・・・

希望の党と組んだ維新の会が退潮傾向を示したことは当然ではあるものの、むしろ、共産党立憲民主党の躍進の影に隠れてしまい、同党の獲得議席数が著しい減少をみせたことは注目に値するといえるのでは?

 

共産党は、今後とも、

 

野党勢力結集

 

に活路を見出さるを得ず、立憲民主党に秋風を送り続けることになるんでしょう。

 

 

 

これで。。。

 

 

 

2020年の東京オリンピック時の宰相は、安倍さんが担うことがほぼ確実。

日本の将来のかじ取りをシッカリとやって貰いたいと切に願いまするぅ~

衆議院総選挙 : 「LITERA」によって極右のレッテルを張られた各議員の選挙結果をみてみませう! ~姑息なレッテル張りなんかで、国民は動じたりしませんよ!~

lite-ra.com

 

当落は「NHK開票速報」に基づく(23日 01:00現在)※全議席確定

 

北海道6区:今津寛さん 落選 ( ノД`)シクシク…

 

宮城6区:小野寺五典さん 当選確実(🌹)

 

茨城5区:石川昭政さん 当選確実(🌹)

 

栃木3区:簗和生さん 当選確実(🌹)

 

埼玉2区:新藤義孝さん 当選確実(🌹)

 

千葉3区:松野博一さん 当選確実(🌹)

 

神奈川2区:菅義偉さん 当選確実(🌹)

 

神奈川16区:義家弘介さん 当選確実(🌹)

 

東京4区:平将明さん 当選確実(🌹)

 

東京9区:菅原一秀さん 当選確実(🌹)

 

東京11区:下村博文さん 当選確実(🌹)

 

東京16区:大西英男さん 当選確実(🌹)

 

東京18区土屋正忠さん 落選 ( ノД`)シクシク…

 

東京24区:萩生田光一さん 当選確実(🌹)

 

新潟3区斎藤洋明さん 比例にて復活 当選確実(🌹)

 

福井1区:稲田朋美さん 当選確実(🌹)

 

岐阜5区:古屋圭司さん 当選確実(🌹)

 

静岡7区城内実さん 当選確実(🌹)

 

大阪14区:長尾敬さん 当選確実(🌹)

 

兵庫7区:山田賢司さん 当選確実(🌹)

 

奈良2区:高市早苗さん 当選確実(🌹)

 

和歌山3区:二階俊博さん 当選確実(🌹)

 

岡山5区加藤勝信さん 当選確実(🌹)

 

山口4区:安倍晋三さん 当選確実(🌹)

 

香川1区:平井卓也さん 当選確実(🌹)

 

福岡1区:井上貴博さん 当選確実(🌹)

 

福岡5区:原田義昭さん 当選確実(🌹)

 

福岡8区 麻生太郎さん 当選確実(🌹)

 

熊本1区:木原稔さん 当選確実(🌹)

 

比例中国:杉田水脈さん 当選確実(🌹)

衆議院総選挙 : 開票速報を一気読み! ~日本の将来の行方は如何に!?~

まずは、最も信頼度が高いといわれているNHK

 

 

お次は、日本の2大新聞系列

 

 

 

最後は、思想的に真逆の2紙系列

 

 

 

さぁ・・・

日本の未来は・・・

何処に向かうのでしょうか???

台風21号 : 米国NASAは、Super Typhoon(超巨大台風)として最高度の注意が必要と警告!  ~死にたくない・・・死にたくない・・・~

 

温暖化の影響からか、米国でも巨大台風が南部を襲うケースが少なくありませんが、その米国からも、今回の台風21号を

 

Super Typhoon(超巨大台風)

 

と表現されています。

 

 

特に恐ろしいのは、この台風の目。

直径が、なんと80km!!

 

 

死にたくありません・・・

死にたくありません・・・

 

 

皆さまも安全でいらっしゃいますように。

心からお祈り申し上げます。

 

 

神さま、お願いです。

日本にお慈悲を!!

新日本プロレス : バッド・ラック・ファレさん、バレットクラブを「ジ・エリート」から取り戻すと宣言した件 ~新日本、1.4東京ドーム大会の成功に向け、外人部隊も動員開始!~

 

 

 

 

約しちゃうと・・・

 

時は来た!

 俺たちがバレットクラブを取り戻す時が!

 何が “ too sweet ” だ!

    舐めてんじゃねぇぞっ!」

 

 

http://enuhito.com/wp-content/uploads/2016/01/fale.png

 

 

 

・ま・り。。。

 

 

 

ケニーやヤング・バックスらの「ジ・エリート」などと称している連中。

奴らはバレットクラブが出来上がってからノコノコやってきた落下傘部隊でしかない。

苦労してバレットクラブの設立を実現させたメンバーでもない連中が

リーダーとその取り巻きとして大きな顔をしてノサばっている。

そんなことはもう認めるわけにはいかない。

バレットクラブが誰のものなのか

 

 ハッキリさせてやる

 

から覚悟しておけ!

 

 ヽ(`Д´)ノプンプン

 

って、感じかしら。

 

 

俄然、面白くなってきたじゃないですか。

 

 (* ´艸`)クスクス

 

 

 

東京ドームのセミ・ファイナルには、

 

 棚橋さん vs. ケニーさん

 

の統一戦(あるいはICのみのタイトル・マッチ)の呼び声が高いけれど・・・

 

 ケニーさん vs. ファレさん

 

によるIWGP USヘビー級王座とバレットクラブのリーダーの座を賭けた闘いがみられるかもしれませんぞ。

 

 

確かに・・・

現在のように王者だらけの状況が問題無いなんて思わないけれど・・・

事実上、IWGPヘビーの国内向け補完タイトルになったインターコンチ

グダグダながら、とりあえず米国市場侵攻の橋頭堡となるべきUSヘビー

それを統一させちゃうと・・・

 

創設半年で姿を消すようなUSヘビーを作った新日本の首脳部は無能

と自分で宣言するようなもの。

ましてや、来年公開の映画で主役を張る棚橋さんを東京ドーム大会でジョブ(負け)をさせるわけにはいかないでしょう。

 

 

棚橋さんを寝させるわけにはいかない。

かといって・・・

USヘビー級を創設半年でインターコンチに吸収させるわけにもいかない。

 

 

アザゼルは、来年の1.4東京ドーム大会では、棚橋さんとケニーさんの対戦は避ける方向に行くのではないか・・・

と思っているんです。

 

 

で・・・

何故、ファレさんが今頃になって、ケニーさんらに牙を剥いたのか?

 

もしかすると・・・

ケニーさんの動向がキナ臭くなってきたからもしれませんぞ。

 

WWE行きの

 

が強くなってきたとすれば、新日本プロレスの考えが分かろうというモノ。

 

「ケニーオメガ」の画像検索結果

 

 

中邑さんがインターコンチ王者のままWWEに移籍した悪夢を繰り返さないためには、

WWE行きの可能性が強まっているケニーさんから王座を剥奪しておかないと

それ以降のUSヘビー級王者は、いくら頑張っても、米国のプオタから

 

ケニーさんより格下

 

扱いされることは容易に想定できるんですもの。

 

 

 

っとも。。。

 

 

 

じゃあ、棚橋さんの対戦相手は?

となると・・・

今年中に飯伏さんのカードは使っちゃうワケですが・・・

リターン・マッチだって「アリ」だと思うんです。

映画の主役を負けっぱなしにさせるわけには行きませんものね。

 

「飯伏幸太 画像」の画像検索結果

 

 

 

ずれにしても。。。

 

 

アンダーボスとかドーでもいいような役回りしか与えられてこなかったファレさん

名実ともに表舞台に立つときが来たのかもしれませんね。

 

えっ!?

ケニーさんがWWEに行かない、という選択をした場合には、ドーなのって???

 

それはもう、ケニーさん勝利の一択でしょう。

ヤングバックスさんたちは、過去のイザコザもあり、WWEには行かないことを公に宣言していますもの。

 

そのとき、ファレさんは・・・

バレットクラブを追放の刑に処せられることは確実。

 

そして・・・

 

ファレさん

「棚橋さん・・・

 やっと目が覚めました。

 俺を一から鍛え直してください。」

 

 

てな感じで、日本語がペラペラなファレさんだけに、

 

グッドラック・ファレ

 

に名前を変えて本隊入り。

タダでさえ、面子のイナイ本体だけに、軍団抗争を面白くするうえでも、ファレさんの加入は必要では?

 

 

じゃあ、ダリル君の虐殺の件は、ヒロムさんに謝罪するのか・・・

というと、さにあらず。

軍団抗争を面白くするためにも、プロレス脳に優れたヒロムさんには、

 

ロスインゴを裏切っていただき

バレットクラブに入って欲しい

 

と思うのでございます。

 

 

鉄の結束みたいに思われているロスインゴ・・・

それに人気者のヒロムさんが自ら楔を打ち込む・・・

 

 

それぐらいのコトをやんないと、プオタの予想を裏切るぐらいのインパクトは与えられないもの。

 

 

 

ちろん。。。

 

 

 

最後は、棚橋さんが、権力を笠に着た

 

ミスター棚橋

 

(ミスター・マクマホンの新日本版)

 

となって、極悪ヒール・ターンするのを

ワクワクしながらお待ち申し上げておりまするぅ~

 

全日本プロレス : 我らが「ヨシタツ」さんが、三冠ヘビー級王座に挑戦しちゃうかもしれない件 ~新日本プロレスでは絶対に考えられられない!しかし、全日本なら、秋山さんなら~

 

 

日本プロレス

新日本プロレスの観客動員力には遠く及びませんが、ゼロワンのように空席の多さを自虐的にアピールする必要も無く、プロレス団体としてインディ団体と一線を画すだけの動員力を取り戻しつつあることは認めざるを得ません。

 

チット前のように、後楽園ホールで隣にヒトのいない席でユッタリと観戦・・・

なんて、ほとんど絶望的なほどにお客で会場が埋まっています。

 

 

 

かし。。。

 

 

 

 

 

あのヨシタツさんを参戦させちゃうなど・・・

あのヨシタツさんに何を望むのか、意味不明と思われた行動がみられたのも事実。

 

 

塩分濃度MAXの試合で、お客を地獄の底に叩き落としたいの!?

秋山さんのお考えが分からない・・・

 

というか・・・

 

新日本からの産業廃棄物処理場と化すのかしら・・・

とまで思ったものでございました。

 

 

 

ところが。。。

 

 

 

ヨシタツ」さん

我らヨシ・アーミーの予想を

 

遥か斜め上行く行動に!

 

なんと・・・

 

10.21横浜文体大会のメイン・イベント終了後

諏訪魔さんを力で捻じ伏せ、三冠ヘビー級王座を奪取した

新チャンプ、ジョー・ドーリングさんに対し・・・

いきなりリングに登場すると

 

三冠ヘビー級王座への挑戦を表明

 

するという暴挙に打って出たんです。

 

 

これはもう・・・

かつて新日本が大勝負に打って出た、あの事件。

 

当時の絶対王者であった棚橋さんに

何の実績らしい実績も無いオカダさんが

イキナリ乱入してIWGPヘビー級王座に挑戦を表明したあの事件。

 

 

ソレを超えるインパクトをアザゼルに与えてくれました。

だって、将来性のあるオカダさんが挑戦するのとは訳が違うんですもの。

 

 

三冠ヘビー級のタイトルマッチが

 

純白の「塩」まみれになる恐怖を

 

もれなく味わえることの期待に!

 

 

会場からは、当然のように

 

ヨシタツさんへの大ブーイングの嵐

 

が吹き荒れたわけですが・・・

 

 

でも・・・

アザゼルは違います!

 

防衛しても、ベルトの価値を微塵も上げないどころか、

あの「ヨシタツ」さんですら挑戦できるベルト

とプオタから後ろ指を指されることも辞さない

 

これが秋山流

 

捨て身の極意

 

なんだと感じたから。

 

 

あの白石さんから全日本を引き継ぎ、現在のメイン・スポンサーが見つかるまでの1年間、個人資産を何千万円も失いながらも、歯をくい縛って踏ん張ってきたんですよ。

もし秋山さんがいなかったら・・・

 

全日本プロレス

ほぼ間違いなく潰れていた

 

んですもの。

 

これぐらいの捨て身の技を持たなくして

何の秋山全日本プロレスだというのでしょうか!!

もし、ヨシタツさんが三冠ヘビー級王座に挑戦が決定したら・・・

アザゼル後楽園ホールに出陣します!

 

 

応援するのは?

もちろん「ヨシタツ」さん!!

 

館内が全員「敵」なんですよ。

こんなシチュエーション、欲しくたって出来るわけないレベルなんですもの。

 

 

アザゼルは、

 

最凶の塩分濃度MAXの試合で

 

観客をも溺死寸前に追い込む

 

ある意味で最も危険な状況を

 

三冠ヘビー級の挑戦で実現

 

それが観たいんですっ!!!

 

WWE : おたふく風邪やらウイルス性髄膜炎やらで興行がグチャクチャになっている件 ~屈強なレスラーも、ウィルスの前では抵抗することも不可能という現実~

http://www.wwe.com/f/styles/wwe_16_9_xxl/public/all/2017/10/20171020_TLC_tunein_UPDATED_tonight--ca241ff158aa1be821f7d805d7d0de24.jpg

 

 

カート " ゆうさく " アングル さん

が大復活しちゃいますぞ!

 

もちろん・・・

 

代役としてねっ!!

 

 

っていうか・・・

当初から現役復帰をほのめかしていたものの、今回は

 

マジでメインを務める選手がいなくなった

 

という、背に腹は代えられぬ、というWWEの惨状から、急遽、大復活することが決定したというもので、アザゼルのようなトーシロですら

 

大丈夫ですかぁ~?

 

  (* ´艸`)クスクス

 

と言いたくもなる有様。

 

だって、彼の頸部の損傷状況が酷いコトは、WWEユニバースを名乗る者なら知らぬ者はいないほどですし、そもそもメディカル・テストで復帰に問題無しとの複数の医師からの回答を得たのかも不明の中での大復活。

挙句に、復活の場が危険なTLC戦ともなれば、心配するな、という方が無理でしょう。

 

 

 

まあ。。。

 

 

 

WWE Photo

 

 

おかげで、上の図にあるとおり、日本人にとっては何とも嬉しい、新・旧バレットクラブのリーダー対決が、ストーリーもアングルも全部ブッ飛ばして、イキナリ実現。

こういう場合、WWEでは「お茶を濁す」結果に終わらせるのが定番ですので、個人的には、いわゆる顔見世程度の凡戦で終わるんじゃないかしら? と予想しております、

 

 

 

さてさて。。。

 

 

 

週刊プロレス編集長 ターザン山本さんは、ご自身のブログ等で

「最近のメジャーと呼ばれるプロレスには

 流血がほとんどみられず、ツマラナイ」

といった感じのコメントを仰っていました。

この部分には、実は重要な論点が隠れているんです。

 

 

新日本プロレスでも、WWEでも、大流血戦は余りみられませんよね。

これはTV(日本では地上波、米国ではCATVという差はあるものの)で流血が好まれない状況になっていることはいうまでもございませんが、もうひとつ論点が隠れています。

 

大量の出血によるウィルス感染の恐怖

 

特に怖いのがB型に代表される肝炎。

 

例えば、日本でも活躍し、知名度も高い、アブドーラ・ザ・ブッチャーさん。

彼が米国で対戦相手から訴訟を提起され、その結果、日本円換算で2億円を超える損害賠償を命じられたのは、アメプロ系のプオタならご存じのはず。

 

ブッチャーさん、事実上、破産するしかない状況らしいんですが、それはともかく、プロレス団体にとっては極めて重要な問題となります。

ウイルス感染のおそれを放置するどころか、流血のアングルを組んだために感染させたとなったら・・・

裁判、特に米国内での裁判で勝てる見込みは厳しいでしょう。

WWEなら例によって腕利きの弁護士に依頼して、長期戦を目論むのでしょうが・・・)

 

 

「レスラーの自業自得だ!」

 

などという論理が軽々に通用する世界ではございません。

この日本でも、その点に関しては同じで、訴訟の提起ができない旨の条項を入れようとも、権利の乱用として契約無効を訴えることは可能でしょう。

 

 

ちなみに・・・

大日本プロレスなどのデスマッチ興行を目玉にしている団体のアキレス腱はココにあると思っています。

デスマッチ団体を相手に出場したレスラーが訴訟を提起したら・・・

面白いことになるんだけどなぁ~

 

 (〃艸〃)ムフッ

 

 

裁判になると、かつてゴシップの殿堂と揶揄された某団体(笑)のように、

 

プロレスは、演技です

 

公式に 認めばならなくなります。

(裁判対策上、プロレス団体にそれ以外の選択肢があるとは思えません。)

しかも、その裁判記録は、申請すれば誰でも閲覧可能となるんですもの。

 

 

しかも・・・ね

裁判記録では、当時の選手間のやり取りが生々しいぐらいに再現されちゃうので、

 

ブログ等でバンバン書きたい放題

 

という、ブロガーにとっては天国のような状況に!

 

だって・・・

「裁判記録によれば」

と出典を明確にすれば、団体側は否定できませんもの。

裁判で虚偽の申し立てを行った、というのに等しい自滅行為ですから。

 

 

プロレスの魅力の一つは、この

 

ドーしよもないほどの「胡散臭さ」

 

だからこそ、アザゼルを魅了してやまないのでしょう。

ま・・・

こんなプオタが少なくないからこそ、

 

プロレス暴露ムック「別冊宝島」がバカ売れした

 

んでしょうから。

おっこんプロレス : 畳1枚?という狭さでプロレスって・・・ ~「おっこん」といえば、アザゼル的にはT-1の二見さんなんですが (* ´艸`)クスクス~

史上最狭!? おっこんdeプロレスでSTYLE-E対暗黒組織666抗争勃発! – 週刊ファイト

 

 

まぁ、コレもプロレスなんですよねぇ~

ソコに何を求めるのかによって、プロレスとして(=興行として)成立できる余地が生まれるってことなんでしょう。

 

 

満員で25名だからって、驚かないように。

いわゆる「ド」インディの興業では20~30名の観客なんてフツーにありますもの。

 

 

逆に会場費もリングの設置費用もかからないとはいえ、特別席(1名)が1万円とはいえ、1人3,000円を25名集めても、7万円程度。

おそらく、プロレス終了後の飲食でもおカネが入っているんでしょうけれど・・・

その中から支払われるレスラーのファイトマネーって

 

 驚愕の安さ

 

だと思いません?

っていうか、そのぐらいの金額で何人も呼べるのなら、会社の余興(座興?)で呼んでもイイかもしれません。

(リングの設置も不要というお気楽さ)

 

 

 

ちなみに。。。

 

 

 

水道橋のお好み焼き「おっこん」さんといえば・・・

かつて、T-1の二見さんが思いっきり噛みついていた、あの方を思い出します。

 

日本全国サスケを囲む会おっこん

 

あれは、誰がドー見ても、あの方がターゲットだとしか思えませんぞ。

(* ´艸`)クスクス

 

※二見さんの公式サイトは、こちら ↓

 

 

あの当時の二見さん、面白かったんですよねぇ~

噛みつく対象が身近で、喧嘩を売りまくっているときの二見さんのインパクトは半端ありませんもの。

 

 

よく考えたら、T-1でも休日に、店内でプロレス興行やっちゃえばイイんですよね。

「おっこん」さんがマット1枚なら、マットを2枚ぐらい敷いちゃって。

いや、マジで。

 

 

ダラダラやるんじゃなくて、思い切って1マッチのみの興行で

 

ターザン山本! vs. 日向小陽

 新宿の夜の屈辱は、今宵こそ返す!

 ~乱入上等! 緑に染まった流血の夜、再び~』

 

とかタイトルを付けて開催。

 

 

 

 

乱入するのは、もちろん、サバイバル飛田さんとアラケンさんで

 (* ´艸`)クスクス

 

ついでに、いろんな意味で因縁の深い二見さんご自身も乱入しちゃって

 (;^_^A

 

 

 

ターザン・ロス症候群の数奇者がいるうちに、この興行を打っちゃえば、結構、お客は来ると思うんだけどなぁ~

もちろん、ターザンさんは返り討ちにされ、額から大流血しながら

 

「T-1は不滅ですよぉぉぉおおお!!」

 

とかシャウトしちゃえば、もう完璧でしょう。

 

ついでに、ターザンさん、リアルに倒れて救急車でサヨナラしちゃえば、もう伝説の爆誕!

アザゼルは、ガンガン写真と取りまくりながら、呟きしまくるというお楽しみも

(ウソ)

ハリウッド・ザ・コシショウさんの「アカペラ プロレス」 ~コレは・・・ヒドイ~

 

 

 

 

 

新日本プロレス : 米国ROHで開催された IWGP USヘビー級 タイトルマッチは意外な面白さ! ~ほらね!シナリオ次第で、YOSHI-HASHIさんだって輝くことができるんです~ 

 

 

米国ROHのシカゴ大会 

10.15 グローバル・ウォーズ

 

 

メインは・・・

あのダメッ子ことYOSHI-HASHIさん。

ケニーさんとのIWGP USヘビー級のタイトルマッチに挑んだわけですが・・・

 

 

 

 

このイケてない入場シーンを観たときは・・・

 

「ヤッバァ~い!

 マジ、米国でまで恥を晒すんじゃ・・・」

 

と要らぬお節介まで・・・

 

 

 

しかぁ~し。。。

 

 

 

コレが意外や意外!

何とも面白い試合だったのでございます。

 

 

 

 

 

もちろん、YOSHI-HASHIさんが大健闘した・・・

・・・わけではなく

如何にもアメプロっぽい

おちゃらけ気味の軍団抗争の展開まで組み込んだ

 

 シナリオの勝利

 

  (∩´∀`)∩ワーイ

 

 

 

 

もう、この混沌とした感じ

大好きっ!!

 

 

ほら・・・ね

挑戦者であるレスラーが大したことがなくたって、面白いプロレスは出来るんです。

シナリオ次第で。

 

 

 

っていうか。。。

 

 

 

シッカリとしたシナリオが無けりゃ、メインになりませんもん。

だって・・・

その前の試合が、次に掲げるとおり、ハイレベルの闘いだったんですもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな試合の後に、YOSHI-HASHIさんの試合をメインで観るんですから・・・

そりゃあ、ケニーさんだって、シッカリと策は練って来るでしょう。

 

 (* ´艸`)クスクス

 

 

シナリオ次第で、レスラーは輝ける・・・

もっとも、日本の興業じゃ・・・

観客には受けないでしょうけど

 

 (´・ω・`)ショボーン